自作サイクロン集じん機 | D.I.Yと珈琲の香り
«  

自作サイクロン集じん機

前回のエントリー、自作のサイクロン集じん機についての解説。

サイクロン集塵

サイクロン自体の構造は
ぶう工房さんで紹介されていた記事 「Thien Cyclone Separator 製作」を参考に
コーン型のサイクロンではなく サイクロン部が平らな
Thien Cyclone Separator」を採用してます。
背が低いのでキャスターで転がしても転け難いのがGoodです。

本体部分を構成しているのは、
漬物樽 8L(下部・ゴミ受け部分)

サイクロン集塵 下部パーツ

それからシールパッキン型の浅6型(上部・サイクロン部分)
サイクロン集塵 上部パーツ

サイクロン集塵 仮組み

重ねると丁度いい具合にはまってくれたので、そのまま採用です。
あと、どうしてもサイクロン状態のくるくるが見たかったので透明なのを探した結果です(^_^;)

3枚目の写真の上部、下部の間に挟まっているのは
キッチン用品のシリコンラップを流用したもので、
重ねるだけだと隙間ができるんじゃないかと挟んでみたものですが、
実際は問題なさそうだったので、無しで完成しました。

サイクロン集塵 接続部

使用機器側へのホース接続口(Inlet)から先は洗濯機用排水ホース
これをホットボンドで接着。

加工はプラスチック製のために簡単だったけど
強度が心配でした。

実際、上部の動力源に繋がる側(Outlet)のホースが固定できなかったのですが、
材料が漬物樽ですから、重し載せる用に付属していた円形板が付属されてあり
それを使って補強材にしました。

使用時、負荷が掛かった時も大丈夫のようです。
むしろ、吸い込みが詰まった時の過負荷の時は
最上部のシールパッキンの蓋が凹んでいき、
蓋と容器との間に隙間ができて、破壊を免れるという予期せぬ おまけ効果(?)付きです♪~( ̄ε ̄;)

全体写真で見えている黒いゴムは、
「左右に取り付けた蓋押さえが外側にズレないようにする為」 と
「ホースの自立をサポートする為」の物です。
フック付きゴムとして100円ショップで売ってました。

サイクロン集塵 集じん状況

肝心の集じん状況ですが、これだけの量を回収したのに対して、

集じん機 中身

ほぼ本体側には吸い込まれていないという出来。

ちょっと大きいけど、作りなおして大正解だった という無くてはならない存在になりました。

これからサイクロン集塵機を自作してみようって人は
この省スペースなThien Cyclone Separator型がお勧めですよ~

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

Share this...Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on TumblrT
Tags: , ,
Posted in D.I.Y, 電動工具, 治具 | No Comments »

«  

Leave a Reply

CAPTCHA


+スパム対策で日本国外からのコメントは拒否しています+