ガレージ整理棚とクランプラック2

気付けば正月明けから更新をサボってました。
もう4月が目の前ですね。

この3ヶ月の間にやってたのはガレージの工房化・・・の為の整理です。

とにかく整理しないと色んな箱なんかが散乱してたので
某所より廃棄された引き出し棚を貰ってきたので
それに合わせた棚を作りました。

奥行が思った以上に有ったので大型の棚になってしまいました。
引き出し棚の高さ+10mm以下で作ったので
押し込むのに苦労しました。
結構頑丈に作りました。

それから依然作ったクランプラックですが、
取り敢えず作った後にクランプの数が増えて、それも色々な所に掛かっていたのを集めるためのラックも作りました。

完成してからやっぱり不満が・・・。
これはこれでラックとしては良いんですが、
狭いガレージで全てを1つに纏めるのは作業効率が悪かった・・・。

やっぱりそのうちに作り直します。
600mmオーバーのクランプは別にするべきでした。

作業工具用の手元置台を用意して、それに小さいのを掛けておいた方がたぶん使い勝手がいい、はず。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

「頼まれたキッチンワゴン」のダイジェスト

昨年のこと。
友人から夏前に
「キッチンワゴン作って」と頼まれ、
「時間はかかるよ」と言いつつ安請け合いしたんです。

毎年、夏から秋にかけては仕事が繁忙期で休みがなく
それでも11月には・・・と考えてたんですが結局 年を跨いでしまいました。

短時間での作業の繰り返しで、まとまった時間が取れず
写真も数枚しか撮ってなかったんですが、せっかくなのでダイジェストで掲載します。

キッチンワゴン 1 完成予想図
これが完成予想図として友人に見せたもの。
問題なくOKもらって制作にとりかかる。

キッチンワゴン 2 粗木取り
ここまでは早かった・・・はず。
と思いきや、これは9月の画像。
完成予想図は7月末に作ったってデータがあるから、ここまでで1ヶ月半・・・。

キッチンワゴン 3 ホゾ穴加工
悩みながらのホゾ穴加工。
ホゾを先に作って、それに合わせて穴を加工するパターンで。

キッチンワゴン 4 接着
一番上に使われる引き手の部分。
留め切り部分はスライド丸のこで加工。精度はなかなか良い。
段差が見えるのは木取りをした後に収縮や捻れが生じてしまった為。この時点で11月。
段差は最後に紙やすりで撫でてどうにかするつもり。

キッチンワゴン 5 塗装
順調に時間が経過。
塗装を始めたのは12月に入ってた。
ガレージでは塗料が乾きそうにないので室内に持ち込み、さらにストーブで暖気。
室内で1番狭い空間の手洗い場を一部占拠。塗装のニオイ対策に換気扇もあるし。
灯油ストーブはファンヒーターと違ってタイマーは無いので便利。
ストーブの周りから倒れたり移動する可燃物を全て取っ払って十分に注意し、空焚きしないように火力調整。
そのまま一晩放置で 室温23℃を維持してくれてました。
画像では濡れ色だけど、このあと落ち着いた色に。

キッチンワゴン 6 完成
完成。

製作期間 製図から含めると約半年。
サイズは 「幅300mm x 奥行450mm x 高さ850mm」
(引き手部分の飛び出し含まず)
塗装は 「オリオ2」
(水回り&0歳時がいる家庭なのでウレタン系オイルフィニッシュ塗料)

基本はホゾ組、ビスケットジョイント。
フレームは2×4材、棚板が杉。
ワンポイント的に棚板を接着した後に飾りとして真鍮釘で留めたようにしてますが画像では見えないかな。
実はキャスターが1番高い部材。これだけは既成品だし無粋なデザインは嫌だったからね。

細かい所ではまだまだ技術的にも満足してないけど納期遅れ過ぎなので目をつむってもらった。
友人は喜んでいたので、まぁ、次回の課題としておく。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

マグネットクリップ

まとまった時間が取れないので、特に何も出来てませんが

何かがしたくてゴソゴソ

ダイソーで買ってきた。
小物 マグネットクリップ 1 小物 2016-01-08
マグネット6mmの強力な奴。

小物 マグネットクリップ 2 2016-01-08
飾り付けに使えそうな木製のミニクリップ 20個入り。

これを組み合わせる。
小物 マグネットクリップ 3 2016-01-08
クリップに1/4のフォスナービットで深さ=磁石の厚さ分を座繰る。

小物 マグネットクリップ 4 2016-01-08
瞬間接着剤流し込んで、磁石をはめる。

完成。

あ!! 使っているところの写真撮り忘れた・・・!!

ま、こんなのが今年最初のDIYでした。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

Type.A STOOL 完成

接着させていたType.A STOOLが乾いたので完成としました。
主な用途は作業中の腰掛けのつもりなので、特に色は塗りません。

mod. TypeA STOOL 4
横から見たら1×4材で心許ない細さですが、意外と頑丈です。
上に立っても安定感が有りました。

荷重がない状態だと、精度が悪いのか(床が悪いのか!)ガタツキが有りましたが
乗ってしまえばいい感じです。

mod. TypeA STOOL 5
2脚を組み合わせて、同方向に並べることで合体?します。
同寸法で作れば幾つでも。

普段は、2個組で使おうと思います。
安定はするけど、座面の奥行きが無いのが仰け反って転がりそうなので^^;

次に作るものは決まっているので、
時間が出来た時に、これの背の高い物を作って塗装用の馬にしようかなって考えてます。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

Type.A STOOL

工作 始め と言ったものの
多少は時間が出来ましたが、家で溜まっていた用事&家族サービスもあり
あまりガレージに入る時間が取れてませんでした。

とりあえず部材に切り分けだけした物を組み立てて完成を目指します。

椅子は形状から「Type.A STOOL」とでも名づけときました。
いつまで覚えているか不明ですが・・・・。

以下、制作手順(間を省きまくってますが、)

mod. TypeA STOOL 2
ボンドで接着&ネジでバンバン固定
画像左下が完成した時の上で、
画像上の方が足の方、右側にも下穴が空けてあり、後で横桟を入れます。
足置きのイメージ。

mod. TypeA STOOL 3
組み上げた足部分の上に、天板部分の材を裏返して乗せてます。
2脚分。
見ての通り、ビスケット加工で固定する作戦です。
ここまでネジで適当に組んでますが、天板は少し綺麗にしておきたいのです。

この後は、接着剤を入れて固定したので
完成を待つだけの状態です。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

夏 終わり、工作 始め

ようやく夏が終わった感じです。
8月が終わりなんですから暦でも終わりですね。
実際に 朝は涼しく、時には寒さを覚えるようになってきました。

寒い時、って言うのは実際は雨が降っている日です。
今年の夏(徳島は)例年に比べて体感的に雨がよく降ったと思います。
絶対に降ってほしくない日は降らなかったんですが
それ以外は快晴!暑い!って日が少なかったような???

とりあえず、これでガレージ工房を進められる。
なのに、雨だけは続いてます。

昨日、久しぶりにガレージに入ってたんですが
持って入ったコピー用紙がほんのり湿気てましたもんね。。。
木材も言わずもがな。。。

で、ガレージ工房なんですが
夏の間に 知人から頼まれものがあり、そちらを先に仕上げないと日程が追いつきそうにないです。
そもそもガレージ工房も1年計画みたいなモノですから、間に別件が入ってくるのは分かってましたし。

—————————

簡単な構造の「椅子」を作ります。

材料は 1×4材 のみ。
接合はネジ・ボンド。
計4脚、その内 高さ違いの物2脚を使って天板を乗せたらテーブルにもなりそうな物。

頭で考えてみたものを図にしてみて、この構造なら先に作った人きっといるだろうな?
と考えて検索すると、やっぱり有りました。
素人ではなく、「石巻工房」さんが製品として販売されている「AA STOOL」がそっくりです。
デザイナーさんもいて「株)トラフ建築設計事務所」に「AA スツール」として掲載されていました。

さて、、、そこで問題です。

このプロダクトを見る前に思いついたものの、後からとはいえ認識してしまいました。
これは「パクリ」なのか?

暫く考えましたが、特別変わった細工がされたわけでもなく、
違いは、
2×4ではなく、1×4で作成し
分解して薄く収納できる機能がなく、組み立てられたままの状態になります。
構造も一般的にすぐに思いつきそうな単純明快なものですから「汎用的なデザイン」ってやつになるだろうと思い、続行する事にしました。

と言うか、勘で適当に木材を切った後(^^; にやっぱりネジ位置だけはちゃんとしなきゃとPCを開いた時に見つけたので材料が勿体無いから・・・。

mod. TypeA STOOL 1
これが切られた木材。
1×4 x6F を4本使ってます。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

脱衣所の棚 (7)

前回の続き。

ようやく完成です。
今度こそ。

完成した姿はコチラ
脱衣所の棚 9 完成
いい感じで収まってます。
右の方はちょっと整理ができてないのでボカしてます・・・。

棚板の上下の1枚が固定。
中段の2枚は可動棚です。

壁面のコンセントの下にある横桟は
電源ケーブル受けのつもりで作成して取り付けたんですが、
予定ではコンセントのタップも下方向に2口が刺さるタイプを想定していたのが
横から刺さる形のものしか家に余っていなくて、洗濯機の電源ケーブルは固めだし必要なかったかも?
受けの桟にほぼ乗ってないです。

でも写真撮影した後から刺した右からのドライヤーの電源ケーブルが乗っかって何とか仕事してくれてます。

洗濯機との間をもっと詰めて横に大きくして収納を増やしたかったけど
洗濯パンに入れ込まないと駄目なので、ひとまず今回は床が見える面積分だけの棚です。
荷物の整理が落ち着いて、
制作するようなものを一巡した後
(多分2年以上あと^^; )
もっとしっかり作り直します。
防水と水勾配に対応した高さが調節できる足にして。

とりあえず、今回はこの大きさで妻からOKもらいましたので良しとします。

壁面コンセントの加工ですが拡大するとこんな感じ。
脱衣所の棚 10 コンセント部分拡大
明らかにズレてます。。。
左右の側面に開けた穴も組み上げた状態の棚に対してホールソーで開けたために
うまく捨て材が当てられていなくて内側がめくれちゃってます^^;

最後の最後にツメが甘いというか、雑になってしまう事が多いです。
もっと最初からしっかりと計画して設計し、手順も考えておかないとね。

とりあえず時間がかかった割に制作物の精度と出来がイマイチというのが自己評価です。

次は何に手を付けようか、しっかり計画しないとね。

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

脱衣所の棚 (6)

脱衣所の棚 (5) の続き

「時間がないからもう少し掛かりそう」な棚だったんですが、
舌の根も乾かぬうちに ちょっと時間が出来たので
一部作業しました。

そして側面に穴を開けるのはまた後回し^^;

こんなパーツを作ってみた。
脱衣所の棚 8 ケーブル受け
横から見た写真です。
写真の右側が奥の壁側、手前側に見えているのが棚の右側に接する部分の予定。
パーツの左上に少し見えているのはカラー棚板に貼った木口テープと同じものです。

何に使うかというと
奥側の壁面コンセント用に穴を開け、棚の横にも穴を開ける事でコンセントを使えるようにしようと考えたんですが、
そのままだと棚の奥でダランと垂れているケーブルが見えることになりますよね?
見えるだけじゃなくて、仕舞う物によっては引っかかるかも知れないです。

なので、これは横に開けた穴から入ったケーブルをコンセントにさした時の
「ケーブル受け」です。
これを棚に開ける予定の穴に添わせて裏からネジ止め予定。

色を合わせるのに木口テープを使ったんですが、
結構固いテープなので斜めに貼って剥がれるかもしれないので実験で一部貼ったんですが、
問題なく付いてくれていそうです。

でもテープの境が前面に来ちゃって見えちゃって見栄えが悪くなってしまった。
セコいこと考えずに一面一面貼ったほうが良かったかなぁ^^;

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - +
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村